子育て応援

哺乳瓶の小さいサイズはなくても大丈夫?2児のママが必要ない理由を解説

哺乳瓶の小さめサイズはなくても大丈夫?2児のママが必要ない理由を解説

こんにちは、つむぐです。

哺乳瓶ってほとんどのメーカーで、
小さいサイズ(160ml前後)と、
大きいサイズ(240ml前後)がありますよね。

この記事では、

小さいサイズの哺乳瓶って必要なの?

と疑問に思ったあなたに向けて、
小さいサイズがほとんどの場合必要ない理由を、
現在、0歳を育児中の2児のママが、ご説明します。



なぜなくても大丈夫なの?

タイトルにも書いてあるとおり、
基本的に小さいサイズの哺乳瓶は、
なくても問題ありません

その理由は赤ちゃんの飲むミルク量にあります。

赤ちゃんの飲むミルク量は、
母乳育児の場合を除いて、
生まれたばかりの1日目は10ml、
2日目に20mlと、
7日目までに70mlまで増量します。

この少ない量のミルクをあげる時期は、
ほとんどの場合、
産院の哺乳瓶を使うことになるので、
自宅の哺乳瓶の大きさを心配する必要はありません。

そして、ミルク育児の場合、
退院後の、0(新生児期)~2か月の間は、
赤ちゃんのミルク量は80mlから100ml、
100mlから120mlへと、
最大で160mlまであがっていきます。

3か月目からは、
1回に飲むミルクの量は200mlになり、
その後はずっと1回あたり200mlです。

というわけで、
1歳までミルクを飲むとすると、

  • 160mlの小さいサイズは3か月
  • 240mlの大きいサイズは9か月

使うことになります。

このことからわかるように、
小さいサイズを使う期間は、
たったの3か月しかないんです。

  • トータルでかかる哺乳瓶の価格を抑えたい
  • 買い替えの手間を省きたい

このような場合は、
はじめから大きいサイズの哺乳瓶のみを買えばよい
ということになります。

「小さいほうが、腕が疲れにくくてラクなんじゃ?」
というお声もありますが、
個人的にはプラスチック製の場合、
小さいサイズでも大きいサイズでも、
そこまで重さの違いは感じませんでした

また、プラスチック製哺乳瓶が良いと考える理由については
こちらの記事でまとめています。

ガラス製よりプラスチック製の哺乳瓶がおすすめな理由(※例外あり)
ガラス製よりプラスチック製の哺乳瓶がおすすめな理由(※例外あり)こんにちは、つむぐです。 新米ママ・パパは、 ガラス製とプラスチック製、 どちらの素材の哺乳瓶を買うか迷ってしまいます...

ただし、例外はあります

ここまで、
小さい哺乳瓶が必要ない理由を説明してきましたが、
小さい哺乳瓶のほうがおすすめな場合もあります。

それは、母乳よりの混合育児をする場合です。

1歳までのミルク量が、
160mlを超えないと確信できるときは、
小さめサイズの哺乳瓶のほうが価格が抑えられていますので、
最初から小さいサイズの哺乳瓶のみを買うほうが、
トータルのコスパが良い
です。

ピジョン 母乳実感 哺乳びん プラスチック製 160ml

**************
以上、小さめサイズがほとんどの場合必要ない理由を解説しました。

自分が母乳育児をするのか、ミルク育児をするのかわからない場合も、
大は小を兼ねるということで、大きめを買っておけば間違いないと思います。

参考になれば幸いです。

ではまた!

ランキングに参加しています→にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村